2010年08月12日

「クヒオ大佐」






「クヒオ大佐」


ノリにのっている堺雅人主演のコメディ。
いちお実在の人物を元にフィクションということですが、かなり、結婚詐欺師を「ニクメナイ奴」に仕立て上げているのはさすがです。
お尻を半分出したりと、堺雅人本人ものびのびと飄々と詐欺師を演じています。

結婚詐欺師と三人の女たちという感じなのですが、
笑えるところは一人の女性の弟役の新井 浩文と絡んでいるところというのが惜しい。
三人の女性松雪泰子、満島ひかり、中村優子が、ちょっと物足りなかったです。

そして物語は予想以上に単純なのが残念。
物語というよりも、間と演技で持っている感じです。
もっと入り組んで、てんてこ舞いになるクヒオ大佐が観たかったです。
それでもそのチープな外人観に笑ってしまいます。

クヒオ大佐の女性を騙す言い分と、湾岸戦争時のアメリカの言い分が一緒というのが、新鮮。


楽しめるのはDMMアクセストレード









ブログパーツ
posted by mkt at 10:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『クヒオ大佐』
Excerpt: クヒオ大佐 [DVD] by G-Tools カメハメハ大王とエリザベス女王の血縁だと名乗るえせ軍人、実は日本人で、結婚詐欺師。 実在の人物で、こんな
Weblog: 月のブログ
Tracked: 2010-08-21 09:26
TOP
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。