2015年05月04日

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」

hokkyoku.gif





関連記事はここ














楽しめるのはDMM




「ジゴロ・イン・ニューヨーク」





ウディ・アレン監督作品。
と知らなえれば言ってしまいそうな程ウディ・アレン調な作品。
監督はジョン・タトゥーロなんですね。
いつものウディ・アレンが見れるのはうれしい限りですが、年取ったなぁ・・・。でも変わらないなぁと複雑な気持ちになります。

時間も90分だし、シンプルなオープニングといい、音楽といい、ウディ・アレンの後継者が見つかったということか・・・。
それでも、ウディ・アレンでなければ、ウディ・アレン映画にならないという処が、ウディ・アレンが偉大な証拠。

脇を固めるのはヴァネッサ・パラディにシャロン・ストーン。

作品としては悪くないのですが、それでもやっぱりウディ・アレンが出演してるからであって、これが違う人間がやっていたら、こうはならなかったはず。
ジョン・タトゥーロが脚本もやっていますが、これまたウディ・アレンが出なければ、取らなかっただろうし、最初からウディ・アレンを想定して脚本を書いているはずだし。

もう、ただただウディ・アレンの映画なんです。
これは。












14043001_Fading_Gigolo_00s.jpg




ブログパーツ
posted by mkt at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOP
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。